FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コーデック不要の万能プレイヤー「GOM Player」

今回紹介するツール「GOM Player」は、動画、音声ファイルの再生に必要なコーデックを多数内蔵するマルチメディアプレイヤーです。インターフェイスはシンプルで、画質調整機能やグラフィックイコライザ、再生制御機能など、搭載する機能の豊富さにも定評があります。

goms.png

ツール名:GOM Player
URL:http://www.gomplayer.jp/


[内臓コーデック]
ac3, ogg, xvid, div1~6, divx, dx50, mp41, mp42, mp43, h263, h264, ap41, mpg4, mp4s, m4s2, mp4v, blz0, mjpgなど

[対応形式]
gom, avi, divx, asx, wmx, wmv, wvx, wm, mpg, mp4, dat, ifo, vob, m1v, m2v, tp, dmb, m4v, k3g, 3gp, skm, dmskm, lmp4, rm, rmvb, mkv, Matroska, ogmなど


[GOM Playerの初回起動時の設定]
1. モードの選択
「一般モード」にチェックを入れて「次へ」を押します。

2. スピーカー設定
コーデック設定はそのままに、スピーカー設定は自分のサウンド環境に合ったものにチェックを入れて、「次へ」を選択します。

3. ファイルの関連付け
関連付けした形式のファイルは、アイコンをダブルクリックすると自動的にGOM Playerで再生されるようになります。チェックを入れたら「次へ」を押します。

4. 字幕と処理優先度
字幕サイズはモニタの大きさに合わせて背停止ます。処理優先度はそのままで問題ありません。「次へ」を選択します。

5. 設定完了
すべての環境設定が済みました。「GOM Playerを起動する」にチェックを入れ、「完了」を選択します。


[環境設定のカスタマイズ]
・一般
「一般」の項目では、プレイヤー自体の基本的な設定やスキンやロゴの変更と取得、マウスやキーボードを用いたショートカットを設定できます。

・再生
「再生」の項目では、マルチタスク時の処理優先度や画面サイズ、DVD再生時のレジェームや表示言語などを変更できます。

・字幕
字幕やメッセージのフォントや文字サイズ、文字色などを変更できる「字幕」の項目、モニタにあわせて見やすく調整しましょう。

・映像
「映像」の項目では、動画再生時の画面比率や効果、色調補正などを行えます。動画共有サイトで落とした画質の悪い動画の再生時にここで調整するといいでしょう。

・オーディオ
再生出力するオーディオデバイスの変更やイコライザ設定、Winampプラグインの設定などを行える、「オーディオ」の項目で行えます。

・その他
メディアファイルの関連付けや使用コーデックの変更は「その他」の項目で行えます。

[あわせて読みたい記事]
H.264対応の使いやすいエンコーダ!「SPlayer 3.5」
多数のコーデック内臓プレイヤー「VLC media player」

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。