上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • デスクトップ操作を丸ごと撮影「BB FlashBack Express 日本語版(フリー版)」

今回紹介するツール「BB FlashBack Express 日本語版(フリー版)」は、デスクトップ上で操作を動画として撮影できるキャプチャソフトです。タスクバーに表示されるレコーダーツールバーから操作可能で、デスクトップ全体や指定ウィンドウ、短形選択した範囲キャプチャができます。出力はAVIとSWF、FLVに対応しています。

bbflash.jpg


ツール名:BB FlashBack Express 日本語版(フリー版)
URL:http://www.bbflashback.jp/


[BB FlashBack Express 日本語版(フリー版)の使い方]
以下のサイトでわかりやすく説明しています。
BB FlashBack Express 日本語版--オールフリーソフト・Windows 7/Vista対応のフリーソフト--
FC2 Management
  • OS再インストールのためのドライバ一括バックアップ「DriverMax 5.4」

OSを再インストールすると、再度ドライバのインストールwもしなくてはいけません。そんなときに役立つソフトが「DriverMax」です。パソコン内にインストールされている各種ドライバを一括バックアップし、外部メモリに保存しておけば、手間のかかる作業も簡単に行えます。ただし、30日以降使用する場合は無料のユーザー登録が必要になります。Windows7にも対応しています。

drivermax.png


ツール名:DriverMax
URL:http://www.innovative-sol.com/drivermax/index.htm


[DriverMax の使い方]
1. 「Driver backup and restore」を選択し、「BackupDrive」を押します。

2. バックアップしたいドライバを選択、または全部のバックアップをとりたいときは「select all」を押してNEXTを押して下さい。

3. 保存場所を決めてNEXTを押します。するとバックアップ作業がはじまるので少し待ちます。

[バックアップしたドライバのインストール]
※DiverMaxで書き出したドライバはDriverMaxでインストールするようにしましょう。
次回OSを再インストールしたい時、DriverMaxをインストール、「Import Driver」を選択して書き出したファイルを指定してあげれば自動的にドライバをインストールしてくれます。
面倒な再起動も一回だけで済むので、非常に楽です。

1. 「Restore drivers from backup」を押し、「NEXT」を押します。

2. バックアップをとったフォルダを指定して「NEXT」を押します。

3. バックアップしたドライバを選択、または全部のバックアップを入れたい場合は「select all」を押してNEXTを押して下さい。

4. バックアップ作業がはじまり、数分すると終了します。

[あわせて読みたい記事]
レジストリのデフラグや修復をできる「Quicksys RegDefrag 2.8 」
同一LAN内のPCと同期して簡単バックアップ!Windows Live Sync
DVDビデオのリッピングならこいつで十分!「DVD Decrypter」
  • e-BOOKSをまるごとダウンロード「Google Book Downloader」

今回紹介するツール「Google Book Downloader」は、「Googleブックス」という書籍を検索して試読できるサービスがあるんですが、それだと10ページ程度しか読めません。そこで、このツール「Google Book Downloader」を使うと書籍を1冊まるごとダウンロードできます。

google-book-downloader.jpg


ツール名:Google Book Downloader
URL:http://www.codeplex.com/


サイト名:Googleブックス
URL:http://www.softpedia.com/get/Internet/Other-Internet-Related/Google-Book-Downloader.shtml


[Google Book Downloaderの使い方]
1. Googleブックスで読みたい本を検索し、本のプレビュー画面のURLをコピーします。

2. 「Google Book Downloader」を起動して、メニューの「File」→「Add book」を選択します。画面上部のボックスにコピーしたアドレスを貼りつけて「Search」をクリックします。本が見つかったら「Queue」で登録します。

3. 登録された書籍タイトルを右クリックし、メニューから「Start」を選択するとダウンロードが開始されます。
※かなり時間がかかります。

4. ダウンロードした書籍データは「Export」→「iTextSharp PDF」でPDFに変換できます。全ページがダウンロードできていなくても変換は可能です。

5. PDFファイルをダブルクリックで開けば本を読むことができます。

  • レジストリのデフラグや修復をできる「Quicksys RegDefrag 2.8 」

今日紹介するツール「Quicksys RegDefrag」は、レジストリのデフラグが出来たり、修復ができるツールです。
アプリなどのアンインストールで残ったレジストリ整理や削除などをお手軽に出来ます。
処理前に、自動でバックアップファイルや “ 復元ポイント ” を作成する機能もあります。
現在は日本語に対応しています。

quicksys-regdefrag-sshot.jpg



ツール名:Quicksys RegDefrag
URL:http://www.regdefrag.com/


対応:Windows XP/2003/Vista/7 (32 bits/64 bits)


[Quicksys RegDefragの使い方]
1. 上記のサイトから「Quicksys RegDefrag」をダウンロードし、「Quicksys RegDefrag」をインストールします。

2. 「Quicksys RegDefrag」のインストール後、「Quicksys RegDefrag」を起動させ、メイン画面にある「レジストリのデフラグ」を選択すると別の画面でステップが表示されます。


3. 「分析」を選び、起動させてるプログラムを終了させてから「はい」を選択します。

4. レジストリのデフラグが始まるのでしばらく待ちます。
最後にPCを再起動するか、後で再起動するか選択する画面になります。
再起動するほうが安全でしょう。

[あわせて読みたい記事]
1クリックメンテナンスができるツール「Glary Utilities」
インターネットをワンクリックで高速化「X-TUNE.07」
Windows7でも使えるシステム最適化ツール 「Smart Defrag」
標準アンインストーラより高速かつゴミも残さない「Revo Uninstaller」
  • すべての操作をコントローラーで!「Joy To Key」

今回紹介するツール「Joy To Key」は、任意のキーをジョイパッドに振り分けることができるツールです。
これを使用することでジョイパッドをマウス代わりに使えたり、コントローラーでできないゲームをコントローラーでできるようにすることができます。

joytokey.png

ツール名:Joy to key
URL:http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se101657.html


[Joy To Keyの使い方]
1. 上記のサイトから「Joy To Key」をダウンロードし、解凍後、起動します。

2. 起動したら、左下にある「新規作成」をクリックしてください。

3. ゲームごとに設定データが記録できるようになっています。適当な名前をつけて下さい。

4. 左の設定一覧に追加されます。先ほど作ったものを選択し、下の「簡易設定ウィザード」をクリックします。

5. ジョイパッドのキーに、キーボード入力のどれを割り当てるか聞いてくるので任意のキーを設定ます。
キーの割り当てが終わったら「設定終了」をクリックします。

6. 右上の最小化ボタンを押すとタスクバーに入ります。
これで簡単な設定は終了です。

右側の画面で、設定したキーをダブルクリックすると連打の設定やマウスの設定などより細かな設定をすることができるようになります。

[あわせて読みたい記事]
重起動ツール 「Virtual PC」
天道の後継機だった加速ツール 「Ragud Mezegis」
・スクリーンキャプチャソフト「WinShot」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。